複製作業

複製作業

【レジンキャスト】シリコン型にレジン注型する方法

シリコン型にレジンを流し込むことでガレージキットを複製することができます。レジンA液とB液をそれぞれ計量し混ぜ合わせてシリコン型に流し込んだあとに硬化しレジンキャストキットが完成します。今回は真空注型でレジン注型をしています。
複製作業

【シリコン型取り】シリコンの粘度を下げる方法

結論を言ってしまうとシリコーンオイルを混ぜるとシリコンの粘度を下げることができます。シリコンは古くなると粘度が高くなって使えなくなってしまいますが、シリコーンオイルを混ぜることで粘度を下げて何とか使えるようにできます。単純に新しいシリコンの粘度を下げることも可能です。
複製作業

【ガレージキット】複製作業に必要な材料と道具【シリコン型】

複製作業に必要なものを紹介します。最低限紹介しているものを揃えればフィギュアの複製をしてガレージキットを作ることができます。
複製作業

【シリコン型を作る】シリコンを型枠に流し込む方法2回目

2回目のシリコンを流し込む手順は粘土を取り除く、バリヤーコートを塗る、シリコンを流す、最後に流路を彫るです。これが終われば型が完成しますが、焦らず慌てずに正確に作業を進めていきましょう。特にバリヤーコートを塗り忘れてシリコンを流し込んだ場合は最初から全部やり直しになります。原型パーツを取り出すのも大変です。
複製作業

【シリコン型を作る】シリコンを型枠に流し込む方法1回目

粘土埋めした型枠にシリコンを流し込んでいきます。気泡が入らないようにしたり、気泡抜きを丁寧に作業していくことで丈夫で良い型が出来ます。まずは両面型の片面が完成します。
タイトルとURLをコピーしました