色々な「塗装の持ち手」と「塗装ベース」

塗装持ち手 塗装

色々な塗装の持ち手

塗装する時にフィギュアやプラモデルをどうやって塗装するか困ったことはありませんか。エアブラシ塗装でも筆塗りでも手で持って塗装すると塗装もうまくいきませんし手も汚れますよね。そこで色々な持ち手と塗装ベースについて紹介します。

ワニ口クリップと竹串

  • 市販でも一般的に販売されています
  • ワニクリップと竹串を別々に買って組み立てるとコスパ良し
  • 機能性を重視するならメーカー製の少し高いものを使うのも良い

両面テープと割りばし

  • 割りばしに両面テープを巻き付けて使います
  • ワニクリップで挟めない分厚いものや大きいものに使います

両面テープと竹串

  • ワニクリップで挟むには小さすぎる部品に使います
  • ワニクリップで挟むには分厚く小さい部品に使います
  • パイプ状の部分がある部品に挿して使います
  • 竹串のとがっていない方に両面テープを巻きます
  • 竹串の先端をカットして両面テープを巻いて使う場合もあります

竹串

  • 両面テープを巻いた状態だと入らない場合そのまま竹串を使います
  • 先端をカットしてパイプ状の部分がある部品に挿して使います
  • とがっていない方を使います

真鍮線

  • ガレージキットで使うのに適しています
  • ダボ部分に軸打ちのための穴をあけてそこに真鍮線を挿して使う
  • 組み立て後隠れる部分に穴をあけてそこに真鍮線を挿して使う
  • 0.5mm, 1mm, 1.5mm, 2mmそれぞれ穴の大きさに応じて使い分けます

  • 持ち手を使うには大きすぎるものは手で持ちます
  • 片面を塗装して塗装していない面を下にして乾くまで置いておきます
  • 乾燥したら塗装していない面を塗装します
  • 最終手段です

塗装ベース

ダンボールの断面を利用したもの

  • 市販でも一般的に販売されています
  • 猫の爪とぎ用のものを使うこともできます
  • いらないダンボールを一定の幅で切って張り合わせて作ることもできます
  • 割りばしは少しきついですが挿せます

油粘土

  • 割りばしなど太めのものでも挿すことができます
  • 挿しやすいように形を変えることができます

発泡スチロール

  • いらない発砲スチロールをちょうどいい形にカットして使えます
  • 穴だらけになって使えなくなったら気軽に交換できます

タイトルとURLをコピーしました