【Zbrush】中空にする方法【3Dプリンター出力】

Zbrush

【Zbrush】中空にする方法【3Dプリンター出力】

中空にする全体の流れ

  • 中空にするモデルをダイナメッシュする
  • IMM Primitivesブラシでalt+ドラッグで円柱を挿入
  • シェル作成実行

実際にやってみよう

Zbrush中空ダイナメッシュ前
Zbrushダイナメッシュボタン
Zbrush中空ダイナメッシュ後

中空にするモデルをダイナメッシュします。画像では最高の解像度4096でダイナメッシュしています。

Zbrush, IMM primitiveブラシ選択

キーボードのB、I、Tの順で入力しIMM Primitivesブラシが選択されます。

Zbrush, IMM primitive insert cylinder

円柱を選択します。

Zbrushシリンダー挿入
Zbrush法線反転ボタン

Alt+ドラッグでドレンを作りたい任意の場所に円柱を挿入します。画像は挿入したあと法線を反転しています。表示設定の法線反転です。

zbrushギズモ3D円柱調整

Wを入力してギズモ3Dに切り替え円柱を任意の大きさと位置に調整します。円柱は長めにしておいた方が良いです。短いと穴が空かない場合があります。

zbrushシェル作成ボタン

マスクを解除して任意の厚みに設定してシェル作成をクリックします。シェル作成が終わるまでしばらく時間がかかります。

Zbrush中空完了

中空にすることができました。

Zbrush中空完了2

法線を反転したところです。

Zbrushシェル解像度4096

この画像は解像度4096厚み4でシェル作成したものです。

Zbrushシェル解像度1600

こちらの画像は解像度1600厚み4でシェル作成したものです。

同じ厚み設定でも解像度で実際の厚さが変わってくるので注意してください。

ダイナメッシュせずに中空にする

ダイナメッシュするとディテールに影響が出るので、ダイナメッシュをせず中空にする方法です。

あらかじめ中空にするサブツールを複製しておきます。

IMM Primitivesブラシで円柱を挿入するところまでは手順は一緒です。

zbrushギズモ3D円柱調整2

Wを入力してギズモ3Dに切り替え円柱の位置を離しておきます。

Zbrush中空完了3

任意の厚さでシェル作成を実行します。中空に出来たら法線を反転します。

Zbrush非表示削除
Zbrush非表示削除ボタン

中空にした内側部分のグループを選択し非表示を削除します。

Zbrush法線反転

再度法線反転しておきます。

Zbrushサブツール結合

あらかじめ複製しておいたサブツールと結合します。画像は法線反転した状態です。

Zbrushライブブーリアンボタン

あとは円柱を挿入し別サブツールに分割しライブブーリアンで穴を開けて完成です。

以上Zbrushで中空にする方法でした。これからもzbrushの記事を充実させていきますので、よろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました