【シリコン型作り】フィギュア原型パーツの配置を考える

フィギュア制作

【シリコン型】フィギュア原型パーツの配置について

フィギュア複製のシリコン型を作る上で分割したパーツの配置の仕方は重要です。どう配置するかによってきれいにパーツが複製できるか決まります。パーツ配置のレイアウトをじっくり考えて決めましょう。

厚みと大きさでパーツを分ける

  • 似たようなサイズのパーツをだいたいで良いのでグループ分けします
  • 次に厚さでパーツを揃えてグループ分けします
  • パーツの厚みを揃えることで厚みによる隙間が減りシリコンの節約になります
  • 大きさを揃えることで型のサイズが決まります
フィギュア原型パーツのグループ分け

だいたいの大きさ似た形の部品で分けたところです

フィギュア原型パーツの配置完成

さらに厚みで分けて配置が決まった状態です。真空注型予定で配置をしています。

パーツの向きを決める

  • パーツに空気の逃げ道ができるように考えます
  • パーツに空気だまりができないように注意します
  • パーツがひし形になるように斜めに配置することを意識します
  • パーツのゲートが少なくなるように考えます
  • 画像のような向きだと気泡が残る可能性があります
  • 画像のように斜めに配置することで気泡が抜けやすくなります

パーツを配置する

  • なるべく隙間ができないように配置します
  • レジンの流れ道を考えておきます
  • パーツ同士がくっつきすぎないようにある程度間隔を開けておきます
  • パーツ同士の間隔が大きいほど変形が出にくく安定しますがシリコン消費量が増えます
  • 四角い型枠に入ることを考えながら配置を決めます
  • 配置が決まったらスマホなどで写真を撮っておくと後で型枠を作って粘土埋めする時に迷いません

まとめ

型枠を作って粘土埋めする前に配置を先に考えておくことでスムーズに粘土埋め作業を進めることができて、型の出来も格段に良くなります。先にパーツの配置をしっかり決めておきましょう。

フィギュア原型パーツ配置の動画

作業の様子を動画にしたのでよろしければ見てください。

【シリコン型作成】アズレン、シュルクーフを作る12/Making figure Azur Lane Surcouf12/碧蓝航线 絮库夫/
タイトルとURLをコピーしました